新着記事一覧

新着記事一覧

建築現場レポート

テクノストラクチャー施工認定店紹介

お知らせ・イベント情報

家づくり知恵袋

施工事例

マイホームよもやまばなし

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.22 Wednesday
  • -

   4月19日 PSTグループでゼロエネルギー住宅の勉強会を実施しました。
  その中で,気づいたポイントがいくつかありましたので,このブログでご案内させて頂きます。

          そもそもゼロエネルギー住宅(ZEH)とは?
  国の定義としては,定性的(考え方)なものと,定量的(基準値・条件)なものがあります。
 
             定性的な定義をご紹介しますと,

  □ゼロエネルギー住宅(ZEH)
     外皮(建物の外部に面する部分)の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え,
    再生可能エネルギーにより,年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅

  □ニアリーゼロエネ住宅(Neary ZEH)
     ZEHを見据えた先進住宅として,外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え,
    再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近づけた住宅

        ちなみに,定量的な定義として設定されている項目としては
  強化外皮基準,一次エネルギー消費量削減,再生可能エネルギーの導入 等があります。

              大胆にシンプルな解釈をしますと,

      断熱材・サッシをはじめとした構造(材)で,断熱性や気密性を高め
     エコキュート・エコジョーズ・エネファームといった高効率な給湯設備や
    省エネ型のエアコン・冷蔵庫・温水洗浄便器やLED照明等の設備機器を設置し    
        なおかつ,太陽光発電等の発電能力を持つ機器を取り付けて
    発電と消費の相殺として,一次エネルギーの消費量をゼロまたはマイナスにした住宅

  を,ゼロエネルギー(ZEH)住宅と定義し(ニアリーZEH:消費量削減率が75%〜100%)
    その普及促進のために,政府として補助金等の施策を実施するということになります。

  新築住宅での補助金としては,
    ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業,地域型住宅グリーン化事業や
   民生用燃料電池導入支援補助金(燃料電池の設置に対する補助金)等があります。

  ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業に応募するためには,元請けとなる工務店様が
     事前に事業者登録をしなければなりませんので,先日はその勉強会でした。

  補助金については,また何かの機会にご紹介させて頂きたいと思いますので宜しくお願いします。

  ゼロエネルギー住宅にしようとすると,太陽光発電等の設備による発電量を確保することが
 大きなポイントとなります。(家族4人ですと,だいたい8Kw以上は必要になるように思います。)
  また,家族構成や生活パターン(どれくらい電力を消費するか,主にいつ電気を使うか 等)に
 よっても,必要な設備はずいぶんと変わってきます。

                   勉強会での感想は,
 お客様にゼロエネ・省エネ・長期優良・一般住宅の仕様や性能をわかりやすくご説明するとともに,
    生活パターンや場合によってはドライヤーやテレビ,暖房器具の使い方まで,
 ちゃんとヒアリングをさせて頂き,もっとも暮らしやすいと思われるプランをご提案することが,
      住まいをご提供するプロとして,大切だということを強く感じました。

       ゼロエネや省エネルギーに関心のある方は,パナソニックやPSTグループでも
          いくつか資料を準備させて頂いておりますので,どうぞご遠慮なく
                  お問い合わせを頂ければ幸いです。

 今日,久しぶりに横浜みなとみらいの総合住宅展示場に行ってきました。
                          
  大手ハウスメーカーが多く出展していますので,       
 どんなイベントをしているのか,お客様にどういった
 ご提案をしているのか,時々 偵察に行ってます。

  小さな子供さんとご一緒の“子育て世代”のご夫婦や,
 お孫さんのことを,楽しそうにお話ししながら,
 ご主人の会社ご卒業という大きな節目に,これからの
 暮らしやマイホームをイメージしておられるご夫婦など,
 さまざまな方がご来場されるようです。 
  
  今年の1月から相続税が改定されたこともあり,
 土地活用や賃貸併用住宅のご提案が,目につきました。
  最近,テレビや新聞でもよく目にする二世帯住宅の
 のぼりやポスターも多く見受けられます。
  
  『将来二世帯』という言葉も
 住宅相談の際に,使うようです。
 
  高齢社会となった今,医療や
 介護施設が不足したり,政府の
 方針も在宅介護ができる環境づくりを
 目指すようになってきています。

  今の住まいをリフォームするか建替えるかをお考えの方に対して,
 息子さんが,お仕事の関係ですぐに同居できないけれど近い将来 同居も検討しておられる場合に
 玄関を別々にしたり,生活設備や遮音等 プライベートも保たれた間取りの二世帯仕様の家を建てて,
 当面は,賃貸で家賃収入をローンに回すプランをご提案することがあるそうです。

  土地を持っておられる方や持家の方は,固定資産税や相続税のこともしっかりと考えて
 マイホームやライフプランを検討することが大切だと思います。
  税制優遇などの政府の支援策もありますので,ご相談されることをおすすめします。



           
  私たちのグループでも
 二世帯住宅のカタログをご用意して
 おりますので,ぜひ ご相談下さい。
どうぞ よろしくお願いいたします。
 

 9月26日(土)にパナソニック横浜ショウルームで「住まい納得相談会in横浜」が開催されました。
ご来場いただきました皆様には,誠にありがとうございます。
 これからも,住まいに関する耳よりな情報をお伝えしてまいりますので
引き続き,ご愛顧の程 どうぞ宜しくお願いいたします。

 《 パナソニック横浜ショウルームの展示内容です 》
 ”ビフォア アフター”のような展示で,最新の住宅設備や建具・建材をご覧頂けます。

 HEMSのコーナーもあります。


 当日のイベントとして”キッズ ダンス”もご披露頂きました。
たくさんのチームが,素晴らしいパフォーマンスで盛り上げてくれました。  


 

HEMSをご体感してみませんか?

1